生保転職の採用基準

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職の採用基準

生保転職の採用基準

生命保険会社に転職するにあたっては、まずは採用基準をしっかりと把握し、その基準にふさわしい人物となることが大切です。敵を知り己を知れば百戦危うからず。まずは採用する側の腹の内を把握し、そこから志望動機などを積み重ねていきましょう。

生命保険会社の採用基準は以下の通りです。

1学歴
なんだかんだ言っても日本は、そして世界はまだまだ学歴世界です。いい大学に入り、そこでいい成績を修めていたということにはそれなりの価値があります。
大卒もしくは大学院卒で、なおかつ有名大学を卒業していれば、それだけで有利になるのは間違いないでしょう。

2健康状態
どの会社も健康状態に不安がある人は採用したくない、というのが本音です。健康場外が不安定なのは必ずしもその人に問題があるからとは限らないのですが、採用する側はそんなことは知ったことではありません。きちんと勤めてくれる人しか雇いたくないのです。

3キャリア
有名企業でのキャリアがあるとどれほど有利になるのか一概には言えませんが、人に言えるようなキャリアがあるに越したことはありません。大組織の厳しい競争を生き抜いてきたことが証明できれば、採用される確率はぐんと上がります。

4転職回数
転職回数があまりに多すぎると「この人は入ってもまたすぐに辞めてしまうのではないだろうか」と思われてしまいます。転職回数が多いこと自体はそれほど痛手ではないのですが、面接でただ飽きっぽくすぐに辞めてしまっているだけなのだなと判断されてしまえば、採用への道は閉ざされてしまいます。

5年齢
年齢があまり高すぎると採用が厳しくなることがあります。一般的にボーダーラインといわれている基準は35歳ですが、最近はこのボーダーラインはなくなりつつあるようです。それでもある程度若い方が有利であることには変わりありません。

6経験
当然経験はあれば有利になりますが、だからと言って未経験者が100%転職できないというわけではありません。異業種の人でも欲しがる生命保険会社はあります。

7やる気
ここで大事なのは「実際にやる気がある」ことではなく、「やる気があると面接官に思わせることが出来る」ことです。たとえ本当にやる気や熱意があったとしても、それが相手に伝わらなければそれはやる気がないのと同義です。

沈黙は金、雄弁は銀というのは過去の話です。面接の場では自分をきちんと自分の言葉で語れる人にこそ、価値があるのです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2018 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.