生保転職の失敗例

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職の失敗例

生保転職の失敗例

生命保険会社に転職して、残念ながら失敗した例というのも少なからずあります。転職する前に、自分が頑張って成果をあげればその分給与も増えるのでやりがいを感じやすいとか、勤務時間は割と自由だし、ノルマも課せられないから負担も少ないなどメリットや良い話だけを聞いていて、それを鵜呑みにしてしまったという人が失敗しやすいからです。営業職自体未経験だと、転職に不利に働くことも少なからずありますが、営業職の経験があるからといって成功するとも限りません。生命保険の営業は他の業種と違った特殊性があり、それを理解していないと失敗しやすいのです。

生命保険の営業職は、契約締結という結果が全てです。自分で作った人脈で信頼関係を得ることにより、保険の売上にもつながります。人とコミュニケーションをとるのが苦手であったり、断られるとすぐに落ちこんでしまうような性格の人だと、特に生命保険会社でやっていくのも難しいと言えるでしょう。また、ノルマを課せられないと聞いていても、実際には月ごとに営業目標を掲げているところがほとんどです。目標達成に向かってどのように動いているかを上司に報告したり、月末近くに目標に達していなければ上司から叱咤される会社もあります。

生命保険会社への転職失敗例としては、始めは知り合いなど人脈を頼って何とか成果を上げていたのに、しばらくすると人脈が尽きて新規開拓もうまくいかずに契約が取れなくなっていきます。すると入社当初は保証されていた固定給がなくなり、完全歩合制になったので毎月の給与がどんどん減っていき、ついには生活していけなくなる位まで下がってしまったという例です。更に、契約をとるためにやむなく親戚や友人はもちろん、前職の同僚にまで連絡をとり、生命保険の提案をしたらさーっと自分の周りから人がいなくなってしまい、辛い思いをしたという例もあります。冷たくされてもあきらめないタフさがないと、なかなか続かない仕事だと言えます。知り合いにアタックしたくなければ、自分で地道に新規開拓をしていくしかないでしょう。

また、勤務時間は決まっていますがお客様の都合が優先となるので、土日や夜なども仕事になる場合があります。夜や休日にアポをとって訪問したり、空いた時間で保険の勉強をしたりプライベートがないような状態がしばらく続き、それでも契約が取れていたうちは頑張れたけど、成果が上がらなくなったらストレスと焦りで耐えられなくなったという失敗例もあります。失敗例も参考にして、納得のいく転職先を見つけましょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2018 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.