生保転職の面接対策

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職の面接対策

生保転職の面接対策

転職するには一にも二にも面接を突破しなければなりませんが、生命保険の面接には他の業種とはまた違った注意点があります。面接の一般的な注意は他のサイトに譲るとして、ここでは生命保険会社特有のチェックポイントを見ていきたいと思います。

1これまでやってきた仕事について
転職組で重視されるのがこれまでのキャリアです。これまでのキャリアが生命保険会社の仕事とリンクしていればベストです。たとえば異業種での営業経験があれば、生命保険会社の営業職にもスムーズに入っていくことが出来ます。

2業界への志望動機について
数ある業界の中からなぜ生命保険業界を選んだのか、しっかりと説明できるようにしておきましょう。

3この会社への志望動機について
生命保険会社は数多くありますが、その中からどうしてこの会社を選んだのかよく考えましょう。

4もし入社したらどんなことがしたいか
単なる感覚だけで志望していないか、きちんと仕事忍耐する具体的なイメージを持っているかを見極めるための質問です。仕事に対するイメージは重要ですので、事前に企業研究をよく行っておきましょう。

5趣味や特技について
このあたりの質問はあまり採用に影響することはありませんが、これらの質問にスムースに答えることが出来ればリラックスすることが出来ます。重要度の低い質問だからとないがしろにせず、しっかりと回答を練っておきましょう。

6他社の選考状況
たとえば、他社と当社から内定をもらった時にどうするか、などはよくある質問です。もし他社からの内定を優先するつもりでも、面接の場ではそう言わないほうがいいでしょう。また、複数の内定をもらったときに就職先を決める物差しなどについても語っておくといいでしょう。

7失敗談
失敗談はただ失敗したことを話すのではなく、その失敗をどのようにはねのけ、乗り越えたのかまで語る必要があります。失敗は誰にでもありますが、その失敗を乗り越えられるか、あるいは糧にできるかどうかはその人次第です。生命保険会社の営業は失敗することも多いので、それにめげない精神力を合わせてアピールするといいでしょう。

8自身の性格について
自信の性格を自分で分析するのは難しいものなので、可能ならば友人や家族などに事前に「自分はどういう人間だと思うか」を聞いて回るといいでしょう。自分では気が付けなかった新たな発見があるかもしれません。ちなみに生命保険会社では、締切に対して厳格で競争好きな性格が好まれます。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2018 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.