三井生命の採用情報

生保転職エージェントTOP >> 人気の生保への転職 >> 三井生命

三井生命の採用情報

日本の生命保険会社の中でも極めて長い歴史を持つ三井生命保険。その歴史は前身の高砂生命保険会社から数えて、2014年4月16日でちょうど百年となります。経営は安定しているもののややこのところ低調が続いていますが、まだまだ三井ブランドの神通力は健在です。

さて、そんな三井生命保険の転職エージェントでの評判はどのようなものなのでしょうか……と行きたいところですが、まずは風土・社風の前に、三井生命保険の商品についてみていきましょう。 三井生命保険の主な製品は「ベクトルX」「おまかせください医療保険」「新・快適生活-R」などです。日系企業らしからぬ個性的なラインナップで、加入者の生活を保障しています。

さて、実際に三井生命保険で働く人たちの声を聞いてみましょう。三井生命の内部で働く人からは、「古くからある組織の典型のような会社」という意見が多いです。古くからある組織というのは良くも悪くも人間関係が濃密になりがちで、それがうっとうしいと感じる人もいる反面、その人間関係に支えられて成長できたと実感している人も少なくありません。

また、保守的な面が強く、そのためか改革に対する意識は決して低くないものの、実際に改革がなかなか進んでいないと嘆く声もあります。

給料制度は特徴的で、2年間の契約手数料の積み重ねにより基本給や職階が決まります。つまりは歩合制というわけですね。それでも一般的な業界よりは給料が高めなので、より高い給料を求めて転職するならば、転職先の候補には十分入ると思います。

研修制度は充実しており、社外に人脈も増やしやすいことから、今後さらに転職を考えている人にもお勧めの転職先です。人脈はビジネスマンにとっては金を生む元なので、ここで人脈を築いておいて損はありません。

最後に三井生命保険の経営状態について。保険会社の経営状態の良さを示す指標にソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)があります。 ソルベンシーマージン比率は保険会社の支払い能力を示す指標です。計算式は複雑なので省略しますが、数値が高いほど健全度が高くなります。

目安は200%で、この数値を下回ると行政指導が入ります。一般的に400%以上あれば経営は健全であるといえます。 三井生命保険の2012年度のソルベンシーマージン比率は約601%で、経営状態は健全ですが、同業他社と比べると低めです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2018 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.