30代(30歳〜39歳)の生保転職

生保転職TOP >> 条件別の生保転職 >> 30代(30歳〜39歳)

30代(30歳〜39歳)の生保転職

生保業界へと転職を目指している方の中には、年代によって、転職成功出来る確率が変わってくるのでは?と思っている方は多いといえるでしょう。多くの業界や職種の場合、年齢の違いはあれど、年齢といったものは気にされるのは当然のことです。企業にとって人材というのは、出来れば長く会社に利益を上げて欲しいと思うものですし、優秀な人材であれば、尚の事手放したくないものです。30代といった年代は、生保業界ではまだまだ若い年代に当たります。

IT関連のエンジニアなどの職種を見た場合、30代ともなれば、プロジェクトの1つも任されるようなマネージャーや管理職といったものになるケースが多いため、転職の場合でも、ある程度の業界経験が必要とされますし、業務のスキルや知識の他にも、マネージメント能力が求められるものです。一方で生保業界の30代といえば、まだまだ未経験者でもOKという転職求人が非常に多く見られます。基本的に現役で活躍出来るとされる平均年齢が高いからなのです。

その他の業界を見ても、これほどに第一線級で長く活躍出来る業界はそうそう見つけることは難しいものです。特に営業系の職種の場合、定年間近の男女が現役で働いていることも少なくありません。ギネスブックにも掲載されている生保で最も実績を上げたのは、定年間近のおばさんセールスレディであり、なんとその年商は2億円とも言われています。30代で未経験だとしても、定年まで30年もあるわけですから、生保会社にとってみると一から教育をする価値が十分あると思われるのです。

生保業界が未経験者の求人として目立っているのは、やはり営業系の職種やコールセンターなどの職種が多く見られています。企業に対しての福利厚生の提案営業といったジャンルの求人では、30代の未経験者の女性が活躍している傾向が見られています。ある程度に経験があり、実績があるにも関わらず、あまりビッグプロジェクトに関われないとか、待遇面のアップが満足できないという業界経験者の方の場合でも、転職でキャリアアップが出来るといえるでしょう。

営業経験があり、実績があれば、生保業界が未経験でもしっかりとそれを評価してくれる業界ですし、生保業界での確かな実績があれば、待遇面のアップが実現出来る業界といえるのです。30代で実績を残し外資系生保会社へと転職し、年収で2500万円以上を稼いでいる方もこの業界では当たり前に存在しているのです。結果を出せば、年収もキャリアもアップでき、30代でも未経験からスタートをすることが出来るのです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2017 生保転職エージェントランキング【※生保に強いサイト比較】 All Rights Reserved.