生保転職とノルマ

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職とノルマ

生保転職とノルマ

生命保険会社へ転職となると、ノルマが厳しくて大変そうというイメージを抱く人が多でしょう。しかし求人票を見ると、「ノルマはありません」と記載してある生命保険会社もあるので、本当なのかとても気になる所です。

生命保険会社は被保険者の保険料掛金によって利益を得ていると考えると、保険への加入数や売上が会社の存続を左右するといっても過言ではありません。そのため、明確にノルマという言葉を使わないにしても、営業目標を毎月掲げて達成できるように指導されるというのが現状でしょう。営業成績が伸びていないと、上司にはっぱをかけられる、逆に成績が良いと期待されて褒められるというのは生命保険会社に限らずどこの業界にも共通して言えることです。相手と信頼関係を築くところから始まり、保険商品の説明や理解を得るというその過程で努力しても結局契約が取れなければ成果が得られなかったことと同じになってしまいます。

成果を出すまでの過程でどれだけ頑張っても、結果が全てという会社も多いため厳しい業界であるのは否めません。更に個人の目標はもちろん、営業所全体の目標を掲げてそれに向けて社員一丸となって達成できるように努力するという会社もあります。逆に中には、明確な営業目標を掲げずに個人の頑張りに任せるという会社もあります。ただ、生命保険会社は給与形態などでもわかるように、固定給がベースにあって後は歩合制で成果が上がれば給与が増えていくというシステムになっている会社がほとんどです。

そのため、成果があがれば収入がぐんと増えるし、成果が少なければ固定給プラスアルファの収入しかありません。更に固定給も入社から数年で下がり、後は成功報酬になるため成果が出ないと収入も始めより下がる可能性があります。給与は仕事へのモチベーションアップにつながるため、収入アップを目指してやる気が出るという人もいるのです。

転職時の職場見学や面接などでノルマは特に課していないと説明されるかもしれません。しかし実際に入社すると毎日ノルマと言われるところもあったり、特にノルマを意識していなくても、月末近くになると契約数のことを言われるケースが多いようです。そう考えると、成果が求められて思うように結果を残せないと給与は据え置きもしくは下がってしまうというシビアな世界なのが現実です。ただ、自分が頑張った分だけ給与などにダイレクトに反映されるので、自分の努力次第では成果を得やすい業種とも言えます。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.