生保転職の履歴書・職務経歴書

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職の履歴書・職務経歴書

生保転職の履歴書・職務経歴書

履歴書はあなたの人間性や経歴を見分ける重要な書類です。記入の際には以下に注意しましょう。

1:年月は正しく記入する
入社や入学、卒業などの年月は正しく記入しましょう。初歩の初歩ですが、結構ミスする人が多いです。

2:写真は服装にも気を配る
写真の裏には念のために名前を記載しておきましょう。送付先ではがれた時に役立ちます。

3:志望動機は会社に合わせたものを
会社ごとに志望動機を変えたほうが、人事の目にもとまりやすくなります。一つの志望動機を使い回すのはやめましょう。

4:手書きかワープロソフトか
正直なところ手書きでもワープロソフトでも気にしない人事が大半ですが、中には手書きを好む人事もいます。彼らの「その文字で人が分かる」という意見は限りなく眉唾物だと思いますが、どうしても気になる場合は手書きにしましょう。逆にそのような価値観で判断されちゃたまらない、と思うならばワープロソフトを使った方が便利です。

5:履歴書でやってはいけないこと一覧
履歴書を使い回す
鉛筆書き
修正液を使う
経歴を詐称する

これらの間違いを犯す人がいるとは思えませんが、念のため。 職務経歴書は主にあなたの能力を見るための書類です。いくらあなたが有能な人間でも、それを伝えられなければ意味がありません。正しい職務経歴書で、他の志望者に差をつけましょう。

1:枚数は多くても3枚まで
あまり多すぎると見る方も疲れてしまいます。

2:前職の会社概要を記入する
前職でどのような仕事をしていたのか相手に理解してもらうことにより、相互理解が進みます。

3:経歴は要約する
長々だらだらとした文章は読み手を疲弊させてしまいます。一度要約文を書いて、簡潔に物事を伝える練習をしてみましょう。

4:編年体形式・逆編年体形式・キャリア形式
編年体は過去から現在、逆編年体は現在から過去に向かって時系列順で業務内容を伝えていく方式です。一つ一つの会社での勤続年数が長い場合に向いています。 キャリア形式はプロジェクト単位で経歴をまとめる方法です。転職回数が多い場合やプロフェッショナルな仕事をしてきた場合に向いています。

5:退職理由
退職理由は書くも書かないも自由です。前向きな理由で応募企業にプラスに働く退職ならば書いた方がいいですし、そうでないなら書かないほうが賢明です。

6:職務経歴書のテンプレート
ネット上にはたくさんの職務経歴書テンプレートがあり、ダウンロードして使うことが出来ます。丼度の活用しましょう。

7:資格
資格取得に向けて勉強中の場合は、その旨を記入しましょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.