生保転職の年収・給料

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職の年収・給料

生保転職の年収・給料

転職をする際に気になるのが年収ですよね。なんだかんだ言っても給料が高いとうれしいものですし、やる気も出ます。各生命保険会社の給与を調べてきましたので、転職先選びの参考にしてください。

ソニー生命保険の場合
一般ならば450万〜600万程度、主任級ならば600万〜800万程度といわれていますが、これはあくまでも目安です。どちらかというと成果主義的な面が強く、売れば売るだけ給料が上がるシステムになっています。最初の1から2年は研修手当が付きますが、その後は成果次第で給料が大きくぶれます。

成果を上げれば年収が1000万どころか数千万になることも珍しくない反面、成果が上がらない時はアルバイト並の給与しか出ないともっぱらの評判です。

大同生命保険の場合
入社1年目は給与が安定して出ますが、その後は成果報酬に代わります。結果を出せば出した分だけ給与が上がる反面、なかなか結果を出せていない人には厳しい会社です。入社後2〜3年目あたりまでは給与は大体横並びになることが多く、その後は成果によって年収が変わってきます。

明治安田生命保険相互会社
新人のうちはあまり給与をひかれることはないですが、就職してからしばらくたつと成果報酬型に切り替わります。成績が良ければその分だけ給与に反映されますし、ダメなら据え置きです。

これらのデータを見てもわかるように、生命保険会社の給与は最初の数年を除いては基本的に成果が色濃く反映されます。成績が良ければ当然給与はどんどん上がっていきますし、ダメならそのままです。そのため、社内間格差はかなり大きいといえます。

成果によって大きく稼ぎが変わるので、サラリーマンというよりはむしろ会社に所属する個人事業主と考えたほうがいいかもしれません。

ただし、個人事業主とは違いどんなに成績が悪くても最低限の給与は支払われますから、そういった点では個人事業主よりも有利といえます。会社に所属するのですからさまざまな手当ても受けられますし、正社員ならばいきなり首になるということもありません。

ちなみに、生命保険会社の平均年収は男性の場合571万円です。ほかの業種と比べれば、まあ高い方でしょう。中央値は500万円です。300万〜400万が21%で最も多いのですが、1000万円以上の人も13%おり、成果主義的な面が濃いことがここにも反映されています。女性の平均値は334万円、中央値は300万円です。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.