生保転職の自己PR

生保転職エージェントTOP >> 生保転職の基礎 >> 生保転職の自己PR

生保転職の自己PR

志望動機と同程度には重要と思われる自己PR。ここを間違うと、たとえあなたが優秀な人材だとしても、面接官にそう判断してもらえなくなります。しっかりとツボを押さえた自己PRで、相手の印象に残りましょう。

1自己PRはなるべく最近起きたエピソードを使用する
たとえばあなたが転職志望者ならば、高校生の時より大学生、大学生の時より社会人の時のエピソードの方が、面接官にとって参考になります。面接官が知りたいのは過去のあなたではなく現在のあなたです。

2頑張ったことのアピールよりも結果を出したことのアピールを
社会人に求められるのは頑張ることではなく結果を出すことです。むしろ社会においては、最小の労力で最大の結果を出す人材が好まれます。自己アピールの際にはそのことに留意し、「頑張ったことアピール」になってしまわないように注意しましょう。

3文体を統一する
たとえば、「○○である」と「です、ます」が一緒になっていると、読む方はそれだけで違和感を感じてしまいます。自己PRの内容そのものと関係ないところでの失点は避けたいものです。
また、同じ文章中で異なる表現を使うのは避けましょう。たとえば、「アルバイト」と「バイト」などはどちらかに統一しましょう。この場合「バイト」は少し幼い感じを受けるので、基本的には「アルバイト」に統一したほうがいいでしょう。

4説明だけでなくどのように考え、行動したかを語る
「私はいついつこういうことをしました」という説明だけでは、面接官にあなたがどのような人間なのか伝わりません。
「私はいつ、どのように考えて、どのように問題を解決するための工夫をして、どのように実践に移したか」を具体的に語ることが大事です。たんなる説明に終始してしまわないようにしましょう。

5年齢と自己アピールの関係
転職に年齢は関係ないといいますが、実際には年齢を重ねている人にはそれなりのスキルが求められます。場合によっては年上の部下や年下の上司ともかかわることになりますので、年齢に関係なく自分が働ける人材であることをアピールするといいでしょう。

6どうしても自己PRが思いつかない場合は……
自分一人考えているとどうしても近視眼的な発想に陥ってしまいがちで、思考の森に入り込んでしまいます。自分の良いところがなかなか思いつかないという場合には、転職エージェントなどに相談してみるのも良いでしょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.