アフラックの採用情報

生保転職エージェントTOP >> 人気の生保への転職 >> アフラック

アフラックの採用情報

白いアヒルや招き猫ダックなど、個性的なCMでおなじみのアフラック。外資系ということもありいろいろなうわさがありますが、実際のところどのような職場なのでしょうか。 結論から言いますと、アフラックはチャレンジ魂にあふれた企業であり、変革にもついていける人物を求めています。日々変わりゆく職場の状況を楽しめる人には、ぴったりの職場といえそうです。

風土・社風の前に、まずはアフラックの商品についてみていきましょう。アフラックの主な商品は「ちゃんと応える医療保険」「EVERシリーズ」など。現在は個人向けの保険契約数が全業界でもトップであり、極めて勢いのある会社です。 そんなアフラックの内部事情ですが、転職エージェントでは「福利厚生がいい」という意見が多いようです。もともとアフラックは女性の比率が高く、産休や育休をうまく使いながら勤めている女性も多くいるそうです。仕事と家庭の両立に対しての理解も高く、介護や子育てのある社員からの評判がいいようです。時間短縮勤務なども完備しており、周囲の協力も得やすいと評判です。

一方、給与面に関しては「金融にしては安い」という意見が多いです。とはいってもあくまでも「金融にしては安い」だけであり、他の業界と比べれば高めです。 また、試験取得に関しては試験費用は負担を肩代わりしてくれます。ただし学習自体には特にサポートがないので、自分で合格するという意識がもてないとあまり意味はありません。

残業時間は部署によって大きく異なりますが、なるべく時間が短くなるように配慮はしているようです。同じ外資系のアクサ生命と比べると実力主義的な面は若干弱いものの、それでも実力のある人間がより優遇されることは明白です。客層は個人がほとんどなので、様々な人とかかわることが出来る対人スキルが求められます。

最後にアフラックの経営状態について。保険会社の経営状態の良さを示す指標にソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)があります。 ソルベンシーマージン比率は保険会社の支払い能力を示す指標です。計算式は複雑なので省略しますが、数値が高いほど健全度が高くなります。 目安は200%で、この数値を下回ると行政指導が入ります。一般的に400%以上あれば経営は健全であるといえます。 アフラックの2012年度のソルベンシーマージン比率は約686%で、経営状態は健全です。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.