大同生命の採用情報

生保転職エージェントTOP >> 人気の生保への転職 >> 大同生命

大同生命の採用情報

大同生命は個人定期保険で業界1位のシェアを持つ有力な生命保険会社の一つです。多くの団体と提携して中小企業に対して法人向けの団体保険を取り扱っているのが特徴であり、税理士や公認会計士などとも太いパイプがあります。個人定期保険も有力な商品の一つであり、他者にはない自在性の高い保証をセールスポイントにしています。

そんな大同生命ですが、現時点ですでに110年以上の歴史がある超老舗の生命保険会社です。そのことから伝統を守る保守的な企業であるというイメージを抱かれるかもしれませんが、実情はちょっと違うようです。

風土・社風の前に、まずは大同生命の商品についてみていきましょう。大同生命の主力製品は前述のとおり企業の団体保険と個人定期保険であり、その中でも特に著名な商品に「定期保険Rタイプ」や「定期保険Dタイプ」があります。

さて、大同生命で働く人たちの声を聞いてみましょう。古くからある大手の生命保険会社ということもあり、福利厚生に関する評判は高めです。休みや産休も取りやすいという意見が多いです。 また、社内の希望する部位に移動できる社内FA制度というオリジナルの制度があり、社員のミスマッチを防ぐとともに、希望する部署に行けたことによるモチベーションの上昇を図っています。

給与に関しては入社1年後は養成期間として給与の安定した支給があり、その後は成績に給与が色濃く反映されるという給与形態のため、最初の1年間でしっかりと実力をつけて、その後自分の力で稼ぐ、というキャリアプランを練ることが重要になります。 また、総合職の場合は入社2年目から大幅にボーナスが跳ね上がるため、若いうちから稼ぐことが出来ます。転職組ならば実力に応じてさらに稼ぎがアップしますので、転職先の一つとしてはお勧めです。

最後に大同生命の経営状態について。保険会社の経営状態の良さを示す指標にソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)があります。 ソルベンシーマージン比率は保険会社の支払い能力を示す指標です。計算式は複雑なので省略しますが、数値が高いほど健全度が高くなります。

目安は200%で、この数値を下回ると行政指導が入ります。一般的に400%以上あれば経営は健全であるといえます。 大同生命の2012年度のソルベンシーマージン比率は約1104.5%で、経営状態は健全です。1000%を超えているのは極めて優秀で、これからも安定した経営が行われていくことでしょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.