東京海上日動あんしん生命の採用情報

生保転職エージェントTOP >> 人気の生保への転職 >> 東京海上日動あんしん生命

東京海上日動あんしん生命の採用情報

東京海上日動あんしん生命保険の歴史は短く、まだ20年にも達していません。過去には不払いの不祥事がありましたが、現在はイメージキャラクター「あんしんセエメエ」の活用などによって、失墜しかけた企業イメージの回復に努めています。 新興の会社ということもあり比較的新しいことにも取り組みやすい、チャレンジ精神の豊富な会社というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

風土・社風の前に、まずは東京海上日動あんしん生命の商品についてみていきましょう。 主力製品はガン保険、医療保険などですが、そのほか万が一働けなくなった際に給付金が受け取れる「家計保障定期保険」があります。病気になった際には生命保険で生活費をまかなうことが出来るため、万が一に備えたい人から人気があります。

さて、東京海上日動あんしん生命で働く人たちの声を聞いてみましょう。 まずは社風についてですが、比較的のんびりとした雰囲気であるという意見が多いです。ただし、3月等はいろいろと業務も増えるので忙しいという意見が支配的です。季節によって忙しさに差があるのはどこの業界も同じですが、この会社は特にその傾向が強いようです。

女性の働きやすさはかなり良いようです。出産育児休業をしっかりと取得したうえで絵職場に復帰するケースも少なくなく、また時短勤務を活用して仕事と家庭を両立している人も多いです。職場全体が休みを取りやすい職場の雰囲気を作っています。 だからと言ってこの環境にただ甘えるだけではだめで、転職するならばこの雰囲気を維持して、さらに向上させていこうという意識を持つ必要があります。チャレンジ精神も高く、新入社員でも意見を求められることが多々あります。

最後に東京海上日動あんしん生命の経営状態について。保険会社の経営状態の良さを示す指標にソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)があります。 ソルベンシーマージン比率は保険会社の支払い能力を示す指標です。計算式は複雑なので省略しますが、数値が高いほど健全度が高くなります。

目安は200%で、この数値を下回ると行政指導が入ります。一般的に400%以上あれば経営は健全であるといえます。 東京海上日動あんしん生命の2012年度のソルベンシーマージン比率は約2195%で、経営状態は極めて健全です。2000%を超えているのは非常に珍しいといえます。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.