第2新卒の生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 第2新卒の生保転職

第2新卒の生保転職

さまざまなな業種で第二新卒の採用に関する情報が見られるようになっています。新卒で就職したものの、2〜3年程度で退職してしまい改めて就職活動を行う第二新卒。新卒のようなフレッシュ感がなく、一般の中途採用のようなキャリアやスキルもないことから就職・転職活動では不利になってしまうと言われています。ただ一方では雇用のミスマッチが雇用事情における重要なテーマとなっているように、第二新卒の段階で自分にとっての天職を見つけることができるかが人生の進路選択における重要な鍵ともなっています。

数が増えていること、また社会におけるマイナスイメージが和らいだこともあり、第二新卒を積極的に採用する企業も増えています。生保業界でも同様で、大手の生命保険会社でも採用を行うケースが出てきています。では第二新卒が生保への転職を目指す場合にはどういった点に注意すればよいのでしょうか。

まず第二新卒は原則として中途採用者として扱われること。第二新卒を別枠にして扱って募集するケースもあれば、通常の中途採用者と同じ扱いで募集する場合もあります。当然前者の方が有利になりますから、求人情報をチェックする場合にはその辺を確認しておくとよいでしょう。なお、4年制大学もしくは大学院を修了していることが大前提となります。

注意が必要なのは第二新卒の生保転職では採用された際に新卒と同じ扱いを受けること。つまり入社後に研修などを経て会社側が適性を見極め、配属する部署や部門が決定されるのです。通常の中途採用のように特定の分野におけるスキルを備え、最初から配属される場所を絞った上で応募する、といったことはできないので注意しましょう。ただ、大学在籍中にビジネス関連の資格を取得していた場合は希望の部門・部署に配属される可能性が高くなります。

生命保険会社による第二新卒の採用は不定期に行われることが多く、募集情報を逃すことなく入手できるかどうかが非常に重要なポイントとなります。一般の求人サイトでは第二新卒のみの求人を絞り込むのは難しいため、自分なりに工夫して情報収集を行っていく必要があります。目をつけた保険会社のホームページから採用情報を確認するのもひとつの手ですが、一番効率よく情報収集を行えるのは転職エージェントでしょう。専念コンサルタントがひとりひとりの状況や適性に合わせた求人を紹介してくれます。第二新卒向けの生保の求人を探してもらうよう希望しておけば自分がチェックしきれない部分も見つけ出して教えてもらうことができます。限られたチャンスをできるだけ活かす。これが第二新卒の生保転職の基本的な心構えとなりそうです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.