50代(50歳〜59歳)の生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 50代(50歳〜59歳)の生保転職

50代(50歳〜59歳)の生保転職

50代ともなれば、様々な業界で転職は難しいと思えるような年代ですね。生保業界の場合でも、やはり20代から40代といった年代と比較すると、求人の絶対数は少ない傾向が見られています。しかしながら、他業種と比較した場合、やはり求人数は多いと言っても過言ではないでしょう。50代でもまだまだ活躍ができ、その上で高額な年収をも稼ぐことが出来るような業界が生保業界です。

一般的な業界の場合、50代という年代になって転職をし、待遇面などのアップを狙うのは、なかなかに難しいものでしょう。そういったものを目指すよりも、ある程度にキュリアの計画を練り、独立をするといったケースが他業種では多く見られます。しかしながら、生保転職の場合には、まだまだ大手へとキャリアアップ転職を実現出来るような状況にあると言って良いでしょう。しかしながら、転職エージェントなどに登録をして、どういった50代の人材であれば、そういった転職を実現させることが出来るのかを把握しておくとよいでしょう。

基本的に持っていて欲しいのは、他業種からの転職でも同業の生保会社の経験がある場合でも、しっかりとした実績を残しているのかどうかということです。それにプラスして、長い労働者人生の中で築き上げてきたネットワークといったものが重要視されます。例えば、営業職である場合には、多くの法人との付き合いがあり、それが生保会社にとって、ビッグプロジェクトに結びつくようなネットワークであれば、何気に採用をしてもらえるケースが多いということなのです。

未経験者であり、人脈というネットワークも持ち合わせていない。その上で生保業界での実績がないという場合には、ちょっと厳しい状況に立たされる可能性が高いといえるでしょう。ただし、こういった場合でも異業種での確かな実績があれば、的確な転職活動を行い、自身の強みをアピールすることができれば、転職成功に導くことは可能でしょう。そこで役に立つのが転職エージェントの存在なのです。

どうして50代という年代で転職をするのか。前職の企業をどうして離れたいと思ったのかの退職理由。そしてどうしてその生保会社を選択したのかといったことを転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談をしながら、良質なものを準備しておきましょう。成果主義の業界とはいえ、実際の年齢を考えると残されている時間は少ないと感じられるはずです。そういったリスクを負っても、欲しいと思えるような人材であることをアピールしていくべきでしょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.