年収が高い生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 年収が高い生保転職

年収が高い生保転職

生保へ転職を希望する人は何を求めているのでしょうか。いろいろな目的や事情があるでしょう。しかし年収が気にならない人はいないはずです。とくに大手の生命保険会社への転職を希望する場合には年収が大きなポイントとなるはず。

生保の従業員は年収が高いイメージもあります。有名な企業が多いからというのも理由の一つでしょう。実際、年収800万円程度とも言われており、キャリアを重ねた場合には年収1000万円を越えるケースも少なくありません。サラリーマンの平均年収が400万円程度といわれていますから、これらの数字は多くの人にとっての憧れであり、転職の大きなモチベーションとなるはずです。

ただ、この年収に関しては注意も必要です。生保の年収は職種によって大きな格差が生じる傾向が強いからです。それを無視して平均年収だけで判断すると大事な点を見落とすことになりかねません。

もっとも注意しなければならないのが営業職の年収。営業といえば生保の仕事の象徴、もっとも重要な役割を担う仕事といったイメージがあります。しかし実際には営業職は生保の職種の中でも年収が低い部類に入ります。平均年収は企業によって異なりますが、だいたい300万円程度とも。内勤の職員の半分程度のケースも少なくありません。300万円ではサラリーマンの平均収入よりも低いことになります。離職率が高いといった事情もあるにしろ、この数字を高いと感じる人は少ないのではないでしょうか。

平均年収が高いイメージから驚く人も多いでしょう。転職を目指す場合にはこうした職種ごとの平均年収も念頭に入れておく必要があるのです。

逆に年収が高いのは運用やアクチュアリーなど専門的な部門の仕事。もともと高度な知識や資格が求められる仕事ということもあり、管理職ともなると年収1000万円も珍しくありません。年収が高い生保転職を目指す場合にはこうした職種を狙ってみるとよいでしょう。こうした職種は未経験でも特定の資格を取得することで転職ができるケースも多いですから、資格取得も視野に入れておきましょう。

生保の求人は営業が圧倒的に多く、その次に事務職となっています。年収が高い職種ほど少なくなりますから、転職活動の際にはまずよい求人をゲットすること、そして自分が資格を満たした求人を見つけることがポイントとなってきます。そのためには転職エージェントの利用が不可欠といってよいでしょう。専任コンサルタントの力も借りて年収アップが期待できる生保の求人を探してみましょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.