総合職の生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 総合職の生保転職

総合職の生保転職

良く企業上の採用区分などで「一般職」「総合職」という言葉を耳にしますが、皆さんは両者の区分についてしっかりと把握していらっしゃいますか? 総合職とは、総合的な技術が求められる総合的な基幹的業務に従事する人のことを指します。もっと簡単に言うと、将来の幹部候補生のことです。

以前は男性が責任ある仕事、女性には補助的な業務をという分け方が一般的だったのですが、男女雇用機会均等法の施行によりそのような募集が出来なくなったため、このように総合職(以前は男性が行っていたもの)と一般職(以前は女性が行っていたもの)を設け、受験者に希望する業務を選んでもらうことが一般的になりました。 総合職というと男性のものというイメージが強いですが、近年は女性の社会進出により、性別にとらわれない採用をする企業が増えてきました。女性でも能力さえあれば、依然と比べて格段に重要なポジションにつきやすくなったのです。

生命保険会社の総合職の仕事内容は、保険金や給付金の支払い業務、法人や個人への営業活動、営業戦略の立案、営業支援(職員研修やイベント運営)、保険商品の紹介などです。一般職と比べてもより重要度が高い、基幹となる業務が中心です。 総合職に転職・就職する一番のメリットは、なんといっても給与が高いことです。総合職は将来の幹部候補生であるため、給料はもちろん、昇進や手当、福利厚生面などが一般職と比ベルトはるかに恵まれています。

たとえば、かんぽ生命の場合、一般職の初任給が修士了で150,600〜177,710円であるのに対して、総合職の初任給は修士了で212,000〜237,440円となっています。 はじめのうちはそれほど大きな差ではありませんが、長く勤めあげるにつれて差はどんどん開いていきます。どんどんキャリアアップをして、仕事で結果を出すことを重視したい場合は、総合職を目指すといいでしょう。

一方、デメリットとしてはやはり仕事がハードなことが挙げられます。責任も一般職と比べて多く、転勤なども少なくありません。働きながら家庭も支えたいという人には、やや不向きかもしれません。 ちなみに、総合職と一般職の中間的な存在に準総合職というものがあります。総合職とは基本的な業務内容は似ていますが、転勤が少なくエリアも狭いため、転居しなければならないことはあまりありません。近年は女性の総合職進出が続いています。女性はもちろん、男性もどんどん総合職でキャリアアップを図ってください。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.