離職率の低い生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 離職率の低い生保転職

離職率の低い生保転職

転職活動を行う際には離職率を確認しておかなければなりません。離職率の高い企業に転職してしまうとまたすぐに離職・転職を強いられなければならなくなってしまいます。離職率が高い企業にはそれなりの事情、大半が従業員にとって厳しい就業環境があります。とくに生命保険の場合はこの点に注意して転職活動を行っていく必要があります。

生命保険会社の場合、企業ごとに離職率が異なってくる上、職種によっても大きな差が出やすいのが特徴です。たとえば外資系。急速に市場規模を拡大している外資系の生保ですが、その背景には徹底した合理化と成果主義の導入が挙げられます。厳しいノルマに晒されストレスから離職を余儀なくされてしまうケースも多いのです。自分の能力や実績に自信がある人なら外資系は短期間の昇給・高収入が期待できるなどよい職場ですが、一方では離職率も高いことを念頭に入れておくべきでしょう。

職種ごとの離職率の違いはもっとも重要なポイントです。もっとも離職率が高いのはやはり営業。顧客獲得の最前線で働くため、厳しいノルマに晒されながらの仕事となります。成果がそのまま数字ではっきりと現れてしまうため、従業員同士の実績の違いが目に見えてしまうこと、見込み客まわりで断られ続ける日々を強いられることからストレスを抱えやすく、心身の健康を害した結果離職に追い込まれてしまうケースも多いのです。

こうした点を踏まえた上で離職率の低い企業、職種を選ぶことが求められるでしょう。基本的には専門的な仕事であればあるほど離職率が低くなります。運用やアクチュアリーといった仕事は高い給与と安定した就業環境が得やすい職種です。その分専門的な知識や資格が必要となりますが、転職を目指すならこれらの職種を目指してみるのもよいでしょう。運用で実績を挙げれば高いポストに就くことができるのはもちろん、こちらが選べる立場でよりよい職場へ転職を目指すこともできるようになります。

事務職も営業職に比べると離職率が低い傾向があります。ただ、事務職の中には顧客からのクレーム対応を担当したり、必要書類の作成など正確さを求められる仕事も多いため、ストレスに晒されやすい傾向もあります。企業によって事務職の業務内容の範囲が異なってくるため、できれば事前に確認しておきたいところです。

企業ごとの離職率を事前に知るのはなかなか難しいもの。そんな時には転職エージェントが便利です。登録すれば専任コンサルタントから企業の内情や求人情報からは知ることができない情報を教えてもらうことができます。離職率や就業環境なども把握できるはずです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.