福利厚生が良い生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 福利厚生が良い生保転職

福利厚生が良い生保転職

転職を考える場合には福利厚生も重要なポイントです。いくら給料が高い企業でも就業が厳しい、福利厚生がほとんどないといった環境では長く続けることはできないでしょう。

生保への転職を目指す場合でもこの福利厚生は非常に重要なポイントとなります。もともと生命保険は契約をとってきてはじめて経営が成り立つ業界。そのためどうしても社員には厳しいノルマがかけられます。とくに営業職は日々ノルマに晒されながらの業務といってもよいでしょう。そんな状況の中、少しでも負担を和らげることができる福利厚生が用意されているかどうかが生命保険会社の善し悪しを決める要素となるわけです。福利厚生がしっかりしていない会社だといずれストレスで離職に追い込まれる、などといったことになりかねません。こうした理由からどの業界よりも転職の際には福利厚生を重視するべきですし、場合によっては給料以上に重要視したうえで転職先候補を絞り込んでいく必要があるのです。

では福利厚生がよい生保にはどのような環境が用意されているのでしょうか。まず営業を中心に女性が多い職場ですから、託児所など家庭・子育てと仕事を両立できる環境が整えられているかどうか。駐車場完備で自動車通勤ができるかどうかも福利厚生の一部として捉えておきたいところ。

研修・教育制度の充実にも目を向けておきたいところです。生保の仕事は職種によって待遇や収入に大きな格差が見られます。営業と内勤の間には倍ぐらいの差があるケースも。働きながらキャリアアップを目指している人も少なくないはずです。ファイナンシャルプランナーをはじめとした資格取得を目指し、会社の運用やライフプランナーの仕事へと転職を目指す選択肢もあります。こうしたスキルアップのために会社が支援する環境が整っているか。研修やセミナーの開催、あるいは資格取得のための補助など。具体的な支援内容を確認しておきましょう。

最後に確認しておきたいのが社員専用団体保険。生命保険会社なのだから自社の保険に安く加入できるのではないか、と期待する人もいるかもしれません。実際には自社製品とは別に用意された社員専用団体保険が用意されています。社員限定となりますが、安い保険料で保険に加入できるものです。配当金も多く非常にお得な内容となっているので魅力的な福利厚生といえるでしょう。

福利厚生がどれだけ充実しているかを事前に確認するのは難しい面があります。それだけに転職エージェントなどを利用して詳しい企業の情報を入手するように努めましょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.