女性歓迎の生保転職

生保転職エージェントTOP >> 条件別の生保転職 >> 女性歓迎の生保転職

女性歓迎の生保転職

女性が生命保険会社への転職を目指す場合にはやはり営業職が第一の選択肢となるでしょう。「生保レディ」と呼ばれるように、生命保険の営業では女性が最前線に立って働いている面もあるのです。転職を目指す場合もまず営業職の転職を第一候補にして探していくことになるでしょう。

ただ、ここ10年ほどの間に保険業界は再編や規制緩和などが進み、一昔前に比べるとかなり事情が様変わりしています。業務内容や営業の仕組みなども変化しており、「営業はもっぱら女性がするもの」とのイメージも薄らぎつつあります。とくに外資の進出の影響が多く、営業形態の変化が見られます。

これまで保険営業といえばよくも悪くも「数で押す」傾向がありました。大量の営業を動員し、多数の見込み客を見極め、何度もアタックする。数多くの失敗を繰り返しつつ契約を獲得していく形です。もちろん現在でもこの形式は生きていますが、より効率のよい営業方針にシフトする生保も増えています。営業スタッフも最小限。営業も量より質で勝負するスタイルを徹底している企業がとくに外資に多いのです。この場合営業スタッフも男性が多く、女性の働き場が少ない傾向が見られます。また、テレビなどのメディアを活用し、ネットによる通販など直接対面型の営業以外の方法を重視している生保も多く見られます。

こうした事情ですから、どの生保でも女性の営業職が歓迎されるとは限らない面があります。その点も注意しながら転職活動、求人活動を行っていく必要がありそうです。基本的には外資よりも国内の生保の方が女性の中途採用に積極的と見てよいでしょう。

営業以外の職種への転職を希望している女性ももちろんいるでしょう。とくに事務職を希望している人は多いはずです。この場合は国内の生保と外資系の間に方針の違いなどはないため、女性でも転職のチャンスがあります。ただ、事務職に関しては一定の経験が求められるかもしれません。異業種からの転職を目指す場合には事務職の経験を持っているかどうかが重要な鍵となるでしょう。生保の事務職は他の業種の事務職とは業務内容にやや違いが見られるため、その辺もしっかり把握したうえで応募する先を検討していきたいところです。

女性でも歓迎しているか、どの程度女性を戦力として期待しているか。こうした面は求人情報だけではなかなか見えてこない面もあるため、転職エージェントによる企業の内部情報の提供もうまく活用しましょう。専任コンサルタントから有効なアドバイスをもらえるはずです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.