生保のコアクチュアリーへの転職

生保転職エージェントTOP >> 職種別の生保転職 >> 生保のアクチュアリーへの転職

生保のアクチュアリーへの転職

現代のビジネスシーンではアクチュアリーへの注目が高まっています。聞きなじみがないという人も多いでしょう。もともと「記録員」という意味を持つこの仕事はビジネスを安定化するために情報収集や分析を行う役割を担っています。

とくに現代社会は先行きが見えない環境にあります。10年後、20年後に自分がどうなっているのか、世の中がどうなっているのか、自信を持って推測できる人はほとんどいないでしょう。少子高齢化の問題や不安定な雇用環境は日常生活に直結する問題となっています。どの業種でも社会が抱える不安定要素を踏まえたうえで将来のビジョンを描き、運営を行っていくことが求められています。その際に統計学や確率論といった高度な理論に基づいて運営のアドバイスを行うのがアクチュアリーです。

とくに生命保険においてアクチュアリーの役割は非常に重要となります。現在の保険業界では保険料ができるだけ変わらないことが求められています。「一生保険料が加入時のまま」をセールスポイントに掲げている生保も多く見られます。これは加入する側にとっては魅力的ではあるものの、保険会社にとってはリスクが大きい面もあります。高齢になるにつれて病気のリスクが高くなりますし、何歳まで生きるのか、社会全体の年齢構成の変化によって顧客層がどう移り変わるのか、10年後の顧客の平均年齢はどの程度かなどを綿密に計算しなければなりません。また10年、20年のスパンとなると経済状況の変化による物価の変動なども考慮に入れなければならないでしょう。多くの人が安心して加入できる保険商品を提供するためにはアクチュアリーの役割が欠かせないわけです。

当然、未経験から生保のアクチュアリーへの転職は難しく、一定の経験が求められるでしょう。ただ、実際にアクチュアリーの仕事に従事したことがなくても資格で補うことが可能です。日本アクチュアリー協会によって認定されている「アクチュアリー資格試験」に合格することでアクチュアリーと名乗ることができます。この仕事への転職を目指す場合にはまずこの資格の取得を検討してみるとよいでしょう。多くの企業ではこの資格をアクチュアリーとして採用する際の条件としています。

このように、転職にはそれなりに高いハードルをクリアする必要がありますが、その分やりがいのある仕事でもあります。単に企業運営の安定化や収益の増加を担うだけでなく、顧客の安心を支える役割も担う、いわば縁の下の力持ち的な存在となるでしょう。身につけたスキルは保険業界以外でも役立てられますから、未経験の人も資格取得と転職を目指してみる価値は十分にあります。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.