生保の法人営業への転職

生保転職エージェントTOP >> 職種別の生保転職 >> 生保の法人営業への転職

生保の法人営業への転職

生命保険会社の法人営業への転職を希望している人はあらかじめどのような点を知っておく必要があるのでしょうか。一般的に営業の仕事は経験はそれほど必要ないといわれています。もともと「足で稼ぐ」面が強い仕事のため、未経験からでも実際に業務に従事しながら身につけていくことができるからです。では生保の法人営業はどうでしょうか? 営業の経験は必要なのでしょうか。

生保の法人営業への転職では確かに経験はあった方が有利です。それは他の業種と同様で、すでに営業としての経験を重ねていれば即戦力として活躍してくれる、という意味での有利です。ただ、必ずしも異業種の営業経験が有利になるとは限らない面があります。

その理由の一つは法人営業は法人を相手にする非常に特殊な職種であること。業務の大半は中小企業となります。そして生保の営業は企業の経営状況や従業員の労働環境などかなり内面にまで踏み込む必要があります。自社の製品やサービスを提供する一般的な営業職とはやや様相が異なるのです。

たとえば製造業と比較してみましょう。営業のポイントはとにかく自社製品の魅力をアピールし、その製品を買ってもらうこと。そのために全力を尽くすことになります。しかし保険商品の場合はサービスの魅力をアピールするのはもちろんですが、保障内容が相手にどれだけマッチしているかを正確に見極めること、そして企業に「もしも」のことがあった時にどれだけ役立つかをアピールすることが大事です。そのためは相手の経営状況などを把握し、どんなリスクを抱えているのか、可能性があるのかを把握しておく必要があります。さらに営業の際にはそのリスクや「万一のとき」のシチュエーションに踏み込んで説明する必要があります。

相手は「縁起でもない」と思うかもしれませんし、気を悪くする可能性もあります。そんな状況に陥らずにビジネスの話を進めていくためには説得力はもちろん、営業担当者の人間性も求められます。他の業種の営業はとにかく企業の信頼性と商品の魅力を盾に業務を行っていくのに対し、生保の法人営業では自分自身の魅力と信頼を武器に業務を行っていく必要があるのです。こうした面は実際に経験を積んでいかないと身につけるのが難しいもの。そのため異業種の営業の経験が役立つとは限らないのです。

それだけに転職を目指す場合にはできるだけ働きやすい、未経験から学び、スキルを身につけていきやすい職場を見つけることが大事です。転職エージェントはそんな職場を見つけるサポートをしてくれることでしょう。うまく活用して転職活動を行って生きたいところです。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.