生保のコ運用への転職

生保転職エージェントTOP >> 職種別の生保転職 >> 生保の運用への転職

生保の運用への転職

生命保険には大きく分けて二つの役割があります。ひとつは多くの人がイメージするように保険を通して保障を提供する役割。顧客から保険料を受け取り、万一の際に適切な保障がもたらされる環境を提供するわけです。この点がもっとも重要なのは間違いありませんが、顧客に満足してもらえる保障を提供し続けるためには運用も必要です。

生保は顧客から受け取った保険料だけで運営を行っているわけではありません。そのお金を元に運用し、利益を上げることで経営を成り立たせています。お金をマーケットに投資し、収益を上げ続けることで安定した経営が可能になるのです。とくに近年の保険市場では貯蓄型の保険商品に注目が集まっており、保険そのものに投資的な意味合いがもたれるようになっているため、この運用が非常に重要なポイントとなっています。

当然、この運用に携わる部門も生命保険にはあります。いわば運用のプロ。そこへの転職は生保の他の業種とはかなり異なる事情のもとで行う形になるでしょう。基本的に生保での業務は未経験からでも十分に転職が可能です。営業にしろ事務にしろ、他の業種とはやや異なる特殊な面があるため、実際に仕事をしながら身につけていく必要があるからです。しかし運用の仕事に関しては話は別。やはり経験者、過去に実際に運用に携わってきたプロであることが求められます。未経験を採用するのは新卒のみと考えてもよいでしょう。

ただ、運用の経験さえあれば転職に有利になるというわけでは必ずしもありません。運用といってもさまざまなスタイルがあります。現代ビジネスで人気を集めているのは短期で収益を出すタイプ。移り気な投資者を引き止めるために短いスパンで結果を出す形が求められています。それに対して生保の運用では長期的なスパンが主流です。生命保険の多くは10年、20年という長期契約が前提。また、貯蓄型を利用する顧客も収益よりも保障内容を重視するもの。そのため安定性と収益性のバランスが求められるのです。10年後、20年後に期待にこたえられる収益を上げられるかどうか。そのときの社会環境・経済状況をも見据えたうえで運用を行っていく必要があります。そのためには投資先を見極める先見性とリスクを抑えるために分散投資する多様性が求められます。こうした点を転職活動の際にアピールできるかどうかが採用を決めるポイントとなるでしょう。

運用の求人はそれほど多くないため、転職エージェントを利用して非公開求人など幅広い範囲から探していくことが大事です。専任コンサルタントと相談して適性にあった求人をうまく見つけ出す環境も必要となるでしょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.