生保の個人営業への転職

生保転職エージェントTOP >> 職種別の生保転職 >> 生保の個人営業への転職

生保の個人営業への転職

生保の営業の仕事といえばとにかく契約をとってくる、そのためならどんなところにでも行く、誰を相手にでも話を持っていく。そんなイメージがあります。

そのイメージが強すぎるせいか、生保の個人営業はどうしても「嫌われる」傾向があります。契約を確保するためになりふりかまわず仕事を行うため、親戚や友人などにも商品を勧めたり、契約を迫ったりし、公私の区別がなくなってしまうことが多いからです。それだけ数字と結果が求められる厳しい仕事ともいえるでしょう。

それだけに生保の個人営業への転職を目指す場合にはあらかじめこの仕事についての知識をしっかりと踏まえておく必要があります。たとえば保険の知識がどれだけ必要なのか。生命保険にはさまざまな種類があり、保障内容も複雑です。基本契約にオプション契約をプラスさせるなど、さまざまな組み合わせもあります。個人営業の場合はそうした商品内容を顧客に対してきちんと説明する必要があるのです。そのためには商品に対する知識は最低限必要なものといえるでしょう。ただ、知識だけで契約をとれるほど甘い仕事でもありません。あくまで交渉力や人間力が第一。保険に関する知識は実際に営業職についてからでも十分に身につけることができますし、実際どの生保でも研修などで学ぶ機会を設けています。ですから転職の際に保険に関する知識が求められることはないでしょう。

それから親族や友人に契約を迫らなければならないかどうか。たしかに、知人がたくさんいれば営業先の選択肢が増えるわけですから有利にはなります。しかしどんなに友人が多い人でもせいぜい十数人といったところ。親族や友人への営業はあくまで結果を出せずに困ったときに頼るものと考えてよいでしょう。実際、個人営業の顧客は中小企業の社長などが多くなります。転職した後に営業の仕事を通して期待が持てそうな見込み客を獲得することが重要になってくるのです。

生保の個人営業への転職を目指す場合には事前に生命保険会社の情報を仕入れておいた方がよいでしょう。未経験での転職も十分可能だからこそ、働きやすく、スキルを身につけやすい職場が求められるのです。あまりにノルマが厳しい、あるいはなりふりかまわぬ契約を求めてくる会社だと友人や親族に頼るような事態に陥りやすくなります。こうした会社の内情は求人情報だけではなかなか見えてこないため転職エージェントの利用がお勧めです。専任コンサルタントが会社の内部情報を教えてくれるからです。こうした情報をうまく活用しつつ働きやすい個人営業の仕事を探すのが理想の転職への一番の近道となるでしょう。

生保の求人はここで探せ!大手エージェントの詳細比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能エリア 全国可
生保の求人数 ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

TOP

生保転職の基礎

職種別の生保転職

条件別の生保転職

地域別の生保転職

人気の生保への転職


Copyright (C) 2013-2022 生保転職エージェントランキング All Rights Reserved.